授業内容

授業期間・時間

授業時間と家庭学習時間の充実

規則正しい生活と家庭学習が学力向上の基本です。翔学館では安易な授業時間増や延長はしません。

  • 年間で40週の授業時間を設定しています。10週毎の区切りを「節」として、Ⅰ節からⅣ節に分けてカリキュラムを組んでおります。(年間スケジュール表を作成しますのでご参照ください。)
  • 通塾日数は、Pクラス週1日、Aクラス週2日、Hクラス週3日、Sクラス週4日、SSクラス週5日です。家庭学習をしっかりしてから、授業を受けることが学力向上・志望校合格への基本です。
  • 授業時間は、2時間を一つの授業単位としています。月~金までは4時間授業(2教科)が基本になります。
    ※授業途中にはお弁当などを食べる時間を設けております


入館選抜

ひとり一人について、館長による最適な判断

入館においては、館長が様々な要素を総合的に判断して、ご相談のうえ決定いたします。 Pクラス・Aクラスは入館試験はありません。具体的には、他塾での成績や、これまでの学習内容・量、そして志望校をお聞きして、授業に参加いただき、学習への取り組みや理解度、授業内での確認テスト成績を判断基準とさせていただきます。

H・S・SSクラスについては、入館試験を実施します。小学校の勉強だけで、5年からHクラスに入ることは、かなり難しいと考えられます。

 ※入館後に、基本的学習態度が不適当と認められる場合は、(授業に集中できない・宿題を忘れてくる等々)3者面談の上、退館を勧告することもあります。


特別講座

合格のための学力強化講座

  • 講習会(春期・夏期・冬期)
  • 集中特訓(夏期算数集中特訓・理科計算特訓)※夏期講習会の一環として開講予定。
  • 日曜特訓(入試問題演習を中心に、徹底的に得点力をアップする講座です。)
  • 補習授業(必要に応じて随時補習授業を実施いたします。)
  • 他塾掛け持ちによる単科受講(館長との面談の上、算数だけの単科受講を認めております。)

※実施期間・日程・内容等の詳細につきましては、その都度お知らせいたします。


模試・漢検

外部模試受験による客観的学力の把握・漢字検定試験による漢字学習強化

  • 五ツ木駸々堂模試をH・Sクラスでは必修で受験いただきます。また、他大手進学塾模試の受験も認めております。
  • 漢字検定試験を準会場として年2回実施しています。8月と2月に実施しております。生徒だけではなく、ご家族の漢検受験もおすすめしております。なお、翔学館の子どもたちは卒業までに全員が5級を取得しています。

IT活用

ITを活用して、よりよい学習環境の提供

  • メールにおける相談は随時受け付けております。入館された方には、館長の個人メールを公開しています。
  • 教室への到着と出発を登録いただいたメールにお知らせしております。
  • お知らせや各種情報をホームページ上に掲示しております。
  • PCとプロジェクターを活用して視覚的に理解を強化します。

トップページ > 授業内容